りんごの森

iphoneアプリのサポートページ

Image Downloader & Viewerを作ったわけ


本記事では、Image Downloader & Viewerを作るに至った経緯について綴ります。

 

ウェブには良質な画像がたくさん転がっています。
それらの画像をiPhoneでダウンロードして繰り返し見れたらと思うことがしばしばあり、画像を一括ダウンロードする機能を持つアプリを色々と試してみたものの、どれもこれも痒いところに手が届かず、歯がゆい思いをしていました。

 

画像ダウンロードで有名なアプリにImageDrainがあります。
これはUIに優れ、素晴らしく使いやすいアプリですが、Safariから呼び出して起動、かつ画像はカメラロールに保存するという方式をとっており、この仕様だとどうしても自分で撮った写真とウェブからダウンロードした画像がごちゃ混ぜになってしまいます。


この点がどうしても許容できず、画像をアプリ内で保存する形式をとっている他のアプリを端から試しましたが、UIが古臭かったり、バグがあったり、Retinaディスプレイに未対応だったり、使いづらかったりと、どれも満足いくものではありませんでした。
Save Imagesという海外製のアプリも良くできていましたが、やはりこれもカメラロールに保存するタイプでした。

 

私を満足させるiPhoneアプリはまだ世にないのか。痺れを切らした末、無いなら作るしかないという思いに至り、ついに私はアプリを自作することにしました。

 

アプリのコンセプトは、まず第一にダウンロードした画像はアプリ内で保存する。そして、狙った画像を簡単にダウンロードできる。最後に、画像を快適に閲覧できる、という三本柱です。

 

私は職業プログラマーではありますが、スマホアプリの開発は全くの未経験。

毎日深夜、家事育児を終えた後の自由時間を使い、コツコツと勉強しつつアプリ開発を続けました。


まずswiftなるプログラム言語があるということを知るところから始まり、Storyboardを使ったUI作成の方法、Auto Layout制約、広告の入れ方、アイコンの作り方、メモリリークしない実装方法、多言語対応の仕方、リリース申請の仕方、などなど、振り返ってみれば覚えるべきものがたくさんあり、そのほぼ全ての石につまずきながらもなんとか最後まで走り抜け、

そして4ヶ月の末、ついに完成しました。

 

■アプリ名
「Image Downloader & Viewer」

https://itunes.apple.com/us/app/image-downloader-viewer/id1208127205?l=ja&ls=1&mt=8

 

本アプリは欲求に後押しされ自分のために作ったアプリですが、ウェブ画像をダウンロードして管理したいと思う多くの方にとってもきっと便利な物になったと信じています。

 

是非たくさんの人にお試しいただたら幸いです。